キバナコウリンカ

絶滅危惧2類

キク科キオン属

分布  群馬県・埼玉県

花期 7月

特徴
石灰岩の岩棚や斜面の崩壊した土壌に生える多年草。頭花は5個くらい。高さは50センチほど。

撮影手記
 武甲山をはじめとして埼玉・群馬県の県境の山には石灰岩の山があり、採掘により姿・山そのものが無くなってしまっている。(叶山)キバナコウリンカは、そんな失われてゆく石灰の山に咲く貴重な花である。

 岩登りのような道をヒヤヒヤしながら山仲間と行く。目的の花を撮影後、三脚もって上を目指すのは難しいので置いて頂上をめざす。上部には良い株がいくつかあったけれど、撮影するにはかなり怖い思いをしなくてはならないだろう。もちろん、私はそこでの撮影はあきらめた。

1995年7月9日 群馬・埼玉県
キャノンF−1 FD50ミリマクロ

トップへ  キク科へ