カセンソウ

キク科オグルマ属

分布  北海道・本州・四国・九州

花期 7〜10月

特徴
 日当たりの良い山野の湿地に生える、高さ60〜80センチの多年草。茎は細いがかたく、やや密に毛が生える。根生葉は花期にはなくなる。茎葉は長楕円形で長さ5〜8センチ。先端はとがり、基部は茎を抱く。頭花は黄色で直径3.5〜4センチ。枝先に1個ずつつく。総苞は長さ1センチ、幅2センチの半球形。総苞片はほぼ同じ長さで4列にならぶ。

撮影手記
 榛名山のユウスゲの道にて撮影。ここの湿地はやや乾燥化しつつあった。キキョウユウスゲ  コウリンカともに咲いていた。

2009年8月16日 群馬県榛名山
キャノンEOS-1 タムロン90マクロ 

トップへ  キク科へ