フクオウソウ

キク科フクオウソウ属

分布 本州・四国・九州

花期 8〜9月

特徴
 福王草と縁起の良い名前。山地の木陰に生える多年草。高さ0.35〜1メートル。全体に腺毛顔追い。葉は柄があり円心形で3〜7裂し、長さ・幅とも6〜10センチ。頭花は9〜13個の小花からなり舌状花冠は紫白色。円錐花序に多数つく。総苞は長さ1.1〜1.2センチ。

撮影手記
 伊豆の天城山にて撮影。93年は記録的な冷夏の年。残暑のない9月。暑さを気にすることなく天城の山を歩くことができた。Tさんと行く。今回の目的はミヤマツチトリモチ。歩き始めてすぐ、テバコモミジガサともに見つけることができた。福の名前がつく花を先に見つけたことで、今回の山行は撮影の収穫の多い充実したものになった。

1993年9月5日 天城山
キャノンF−1 FD50ミリマクロ

トップへ  キク科へ