ホソバオグルマ

絶滅危惧2類

キク科オグルマ属

分布 本州(関東以西)、四国、九州

特徴
 田圃に普通にはえるサワオグルマとの違いは細い葉と、比べてみて小さな頭花にある。湿地・畦・川岸の日当たりの良い草地に生える多年草。高さ40〜80センチ。

撮影手記
 この年03年(平成15年)は梅雨明けが遅れ、7月は涼しい日が多く、平成に入って二度目の冷夏になった。ならばと、普段ならなにも日よけのない渡良瀬遊水地の暑さも少しは和らいでいるのかな。と淡い期待で、出かけたのだが、甘かった。やはり、暑かった。

 教えていただいた自生地につく前に、ホソバオグルマの大群落を見つけることができた。一面黄色は見応えあった。

2003年7月27日 渡良瀬遊水地
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップへ  キク科へ