ヒメシオン

キク科シオン属

分布  本州・四国・九州

花期 8〜10月

特徴
湿り気のある草地や田のあぜ道などにはえる多年草。高さ0.3〜1メートルになる。上部は枝分かれして、細かい毛が密生する。葉は線状被針形。裏面は白色。下部の葉は5.5〜12センチ。幅0.4〜1.5センチ。上部にいくほど細くなる。頭花は直径7〜9ミリ。舌状花で白色。総苞は長さ4ミリの筒形。

撮影手記
 真夏の渡良瀬遊水地。案内していただいたMAさんの話だと、南アルプスの北岳の登りより厳しい撮影環境だと。全く陽をさえぎることなく、風がなければ灼熱地獄?。
 「姫紫苑」美しい・可憐な花の名前。名前負けしている感もないけれど。汗まみれになって撮影した。

2004年8月8日 渡良瀬遊水地
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップへ  キク科へ