ハンゴソウ

キク科キオン属

分布 北海道・本州中部以北

花期 7〜9月

特徴
山地のやや湿り気のある草地にはえる多年草。高さは、1〜2メートルになる。葉は互生し羽状に3〜7深裂し先端はとんがる。頭花は直径2センチ、舌状花は4〜7個

撮影手記
94年ハイキングサークルの仲間と入笠山へ。
阿原湿原は、奥行きのある広い湿原であり、さまざまな野草が目を楽しませてくれる。とくに、目立つのが背丈が高いハンゴソウ購入したばかりのキャノンEOS−1にて撮影。
15年、雨降る尾瀬沼歩く。沼のほとりや三平下に咲く、ハンゴソウを撮影。

左 1994年8月24日 入笠山
キャノンEOS−1 EF50ミリマクロ
下 2015年8月30日 尾瀬沼
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ