ハコネギク

キク科シオン属

分布 関東・中部

花期 8〜10月

特徴
 山地の日当たりの良いところに生える多年草。高さ35〜65センチ。葉は卵状楕円形。長さ4〜7センチ。幅1,5〜1.7センチ。頭花は直径2.5センチ。総苞に粘りがある特徴がある。

撮影手記
 丹沢にて撮影。新茅沢尾根のきつい登りをあえいで、あえいで、ようやく尾根道にたどりつく。小型のノギクを見つけて一息ついて撮影。それがこのハコネギクであった。

1990年9月9日 丹沢
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップへ  キク科へ