ハハコグサ

キク科ハハコグサ属

分布 日本全土

花期 4〜6月

特徴
 道ばたや畑などで普通にみられる。高さ15〜40センチ。古代朝鮮半島経由で入ってきたと思われる。別名・オギョウ。春の七草のひとつとして有名。9月に咲くこともあり、上部が枝分かれているとアキノハハコグサと間違える人もいる。ハハコグサは花期も下葉は枯れない。

撮影手記(雑感)
 正月明けの園芸店にときどき春の七草セットして販売している。ハハコグサもあり、正月に出荷するために、わざわざ栽培しているのだろうか?

2004年5月9日 渡良瀬遊水地
キャノンEOSー1 EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ