ジョウシュウオニアザミ

キク科アザミ属

分布  尾瀬周辺・利根川上流

花期 8〜9月

特徴 オニアザミの変種。亜高山から高山帯の草地にはえる多年草。オニアザミと比べて花冠の狭筒部は長さ4〜7ミリで。広筒部より短い。

撮影手記
 異常冷夏の年の平成5年の8月、古くからの友人と尾瀬・燧ヶ岳へ登る。百名山でもあり、東北一の標高を持つ名山である。至仏山と比べて植物層がやや貧弱なのとアプローチが長く、 過去二回ほど燧ヶ岳の登山計画をたてたが、天候悪化のため登山は断念した。三度目にして登頂をはたしす。しかも、その年は冷夏・天候不順の年。後に平成米パニクといわれるほど。8月の尾瀬は、晴れたのは、この旅をした二日間のみと後でわかった。
 登頂の記念に尾瀬沼を背景にジョウシュウオニアザミを撮影した。
  
1993年8月13日  燧ヶ岳
キャノンF−1 FD50ミリマクロ

トップへ  キク科へ