ジョウシュウアズマギク

キク科ムカシヨモギ属

分布  谷川岳・至仏山周辺の山

花期 6〜7月

特徴
 ミヤマアズマギクの変種。蛇紋岩に生え、葉は2〜5ミリ。ほとんど無毛。冠毛はやや長く約3.5ミリ。

撮影手記
 尾瀬・笠ヶ岳へ。目的はジョウシュウアズマギクの取り直しのため。笠ヶ岳は、至仏山より静かな山とされていたけれど、思っていたよりハイカーは多かった。山頂下から頂上に向けてお花畑が見事で、撮影に時間をかけた。
 以前の至仏山の登山では、ブヨの大群に襲われ大変かゆい思いをした。そこで、今回は秘密兵器?としてハッカ油を。体中にミントの香りがただよわせて行くとブヨが面白いようにさけて、効果覿面だった。

2008年7月13日 尾瀬笠ヶ岳
上 キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ
左 キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
下  2013年8月4日 至仏山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
トップへ  キク科へ