ガンクビソウ

キク科ヤブタバコ属

分布 本州・四国・九州・沖縄

花期 9〜10月

特徴
 ガンクビソウの名前ながらガンクビソウ属ではなく、ヤブタバコ属。キセルの刻み煙草をつめる雁首に似ていることから。山地の木陰に生える多年草。高さ0.3〜1.5メートルになる。下部の葉は長さ7〜20センチの卵状長楕円形。頭花は直径6〜8ミリ。基部に披針形の苞葉が2〜4個輪生する。総苞は卵球形。

撮影手記
 箱根・金時山へ登る。地蔵堂から夕日の滝をへて登山口。しばらくは沢沿いの道を行く。登りがだんだんきつくなっていき、ガンクビソウの撮影を理由にして休憩。よく見る花だけれど、私にとって、なかなか満足のいく撮影ができていない、課題の花のひとつ。

2008年9月28日 箱根・金時山
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ