フジアザミ

キク科アザミ属

分布 関東・中部地方

花期 9〜10月

特徴
 富士山周辺に多いことから名前がある。風格があり、アザミの王様という趣がある。山地の砂磔地などにはえる多年草。高さ0.7〜1メートル。葉は基部に集まり、根生葉は花時にも白いクモ毛をかぶり、長さ50〜70センチ。羽状に中裂し、きびしい刺がある。

撮影手記
 丹沢の初心者向きの沢登り「新茅の沢」を一人行く。ある花を目的に遂行するが。足がすべり滝壺に落ちたり、怖い目をしながら。幸い、ふたり組の同じように滝壺に落ちながら登っていくパーティと励ましながら、楽しくのぼった。が、探草どころでは、なかった。沢の終わりで、フジアザミと対面。人心地ついて、カメラを出し、三脚をかまえて逆光ぎみに撮影。それが左の作品。

左 1985年9月8日 丹沢
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
左下 1990年9月9日 丹沢
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
右下 2009年9月20日
キャノンEOS-1  タムロン90ミリマクロ

トップへ  キク科へ