エゾウスユキソウ

絶滅危惧1B類

キク科ウスユキソウ属

分布 北海道(礼文島・藻琴山・ニペソツ山・釧路昆布森)

花期 6〜8月

特徴
 別名レブンウスユキソウ。礼文島を含めてに北海道に四カ所しか自生していない。有花茎の葉は10〜20個。先はしだいに細くなる。果実は無毛で綾がある。高山帯の乾いた草地に生える多年草。

撮影手記
 礼文島の西海岸を一人歩く。途中の何カ所の草地で、見ることができた。海抜わずかで、高山植物が生える礼文島は、山野草好きな人間にとって夢のような島である。

1985年6月6日  礼文島  キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップへ  キク科へ