ブタナ

キク科エゾコウゾリナ属

分布 帰化植物 ヨーロッパ原産

花期 6〜9月

特徴
フランスの俗名「ブタのサラダ」を訳したことからブタナ(豚名)という。多年草。北海道から全国へ広がっていった。葉は全て根生し分裂しないものから切り込みあるものまで。花茎は高さ50センチ以上になり、上部で枝分かれする。

撮影手記
丹沢の表尾根で見かけた。季節ちがいのタンポポかなと思い、よく見るとブタナであった。標高は千メートルを超えている、こんな場所でも繁殖しているとは。引っこ抜こうと思ったが数多いし、帰化植物と知らない人から見れば、花盗掘人に間違われるかもしれないので、撮影するだけにしておく。

2008年9月7日 丹沢
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ