アサマヒゴタイ

キク科トウヒレン属

分布 関東・中部東北部

花期 9〜10月

特徴
 山地ではえる多年草。高さ50〜90センチ。茎は細い。総苞片は細長く、先は鋭くとがるのが特徴。

撮影手記
 トウヒレンの仲間は葉は開花のころは痛んでいるのが多く、良い被写体を探すには一苦労である。撮影仲間のUさんより、このトウヒレンの仲間の魅力を聞いて以来、私も興味深く、追い続けている。秋の山行きの第一目的になりつつある。

2003年9月14日  西上州
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
トップへ  キク科へ