アキノハハコグサ

危惧種1B類

キク科ハハコグサ属

分布 本州・四国・九州

花期 9〜10月

特徴 
 やや乾いた山地や切り通しにはえる一年草。高さ60センチほど。上部で枝分かれし、下葉は枯れていく。

撮影手記
  私が、この花に興味を持ったのは友人から、「秋に咲いた枝分かれしているハハコグサでをアキノハハグサと野草のHPに間違えてUPしている例が多い」と聞いたときから。ならば、本物のアキノハハコグサとは、どんなものか。この目で見て撮影したいと思っていた。運良く友人より、撮影のお誘いがあり、お陰様で本物に出会えることができた。それにしてもマニアチックな花だと思う。

2005年10月9日 長野県飯田市
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップへ  キク科へ