イワタバコ

イワタバコ科イワタバコ属

分布 本州福島県以西・四国・九州

花期 6〜8月

特徴
 岩壁に生え、葉がタバコの葉ににていることから。根茎以外は無毛。葉は根ぎわにつき、翼のある長さ3〜10センチの柄があり、楕円状卵形で長さ10〜30センチ。不揃いの鋸歯がある。葉の間から長さ6〜12センチの花茎を1〜2個だし、頂に散状花序をつける。花冠は皿状に開き、直径1.5センチほど。下部は短い筒となり、先は5裂する。

撮影手記
 09年の夏休み。妻と子供と榛名山と伊香保温泉の旅行。榛名神社にて、参道わきの苔むした石垣に咲いているイワタバコを撮影した。石垣の他、切り立つ岩場などに多く咲いていた。ここの参道にある店で売っていた冷えたトマトはうまく、皆でかぶりついた。
左下は白花。

左  2009年8月16日 群馬県榛名山神社
キャノンEOS-1 タムロン90マクロ
左下  2015年7月12日 高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  イワタバコ科へ