タチイヌノフグリ

ゴマノハグサ科クワガタソウ属

帰化植物 欧州・アフリカ原産

花期  4〜6月

特徴
 茎は下部で枝分かれして直立し10〜25センチになる。葉は卵円形で鈍い鋸歯があり、下部では対生し、上部では互生する。上部の葉の脇に無柄の青紫色の小さな花をつける。花冠は径4ミリほどで先は深く4裂する。雄しべ2個、雌しべ1個。果実はさく果、扁平なハート形、幅約4mm、花柱はごく短い。縁に開出毛が散生し、20個程度の種子が入る。種子は長さ約0.8ミリ、背面は膨らみ、腹面は平で浅い凹みがある。早春に形成する葉は丸くて対生であるが、花を付ける茎の上部では葉は小さく尖った形になり、互生となる。また淡紅色タイプの花もあるとされる。

撮影手記
 ある野草の撮影していたときに、タチイフノフグリもたくさん咲いていたので、ついでに撮影。帰化植物の撮影はポジフィルムでの撮影はつい見送ってしまっていた。フィルム・現像代気にしなくていいデジ一眼レフが主な撮影になり、撮るようになったと思う。


2014年5月4日 群馬県松井田町
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ     ゴマノハグサ科へ