スズサイコ

カガイモ科カモメズル属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 6〜8月

特徴
 日当たりの良いやや乾いた草地に生える多年草。茎はかたくて細く、高さ0.4〜1メートルになる。茎は対生し長さ6〜13センチ、幅0.4〜1.5センチの長針形。先はとがりやや厚い。茎の先や上部の葉腋に花序を出し、直径1〜2センチの黄褐色の花をまばらにつける。花は早朝に開き陽が当たると閉じる。

撮影手記
 朝、雨が降っていたので、昨年曇り空でも開化しなかったスズサイコの撮影に出かける。小雨の中、汗たっぷりかいて自生地へ。雨もやみ、陽がささないうちに撮影をする。なかなか渋くて趣のある花であり、二年越しで、開化株を撮影できた。

2010年6月27日 高尾山系
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ガガイモ科へ